歩きスマホが原因か 踏切で電車にはねられ31歳女性死亡

スポンサーリンク

歩きスマホが原因か 踏切で電車にはねられ31歳女性が死亡

 

f:id:naotarobook:20210717103258j:plain

写真はイメージです

2021年7月8日の午後7時半頃、東京都板橋区にある東武東上線「東武練馬駅」の脇の踏切で、近くに住む31歳の女性が帰宅途中に電車にはねられ死亡した。

 

当初、警視庁は自殺と事故の両面から捜査していたが、女性が事故の直前までスマートフォンを操作していたことから自殺ではなく事故と判断した。

 

警視庁によると、女性は遮断機が下りてくる前に歩いて踏切内に入り、踏切の出口にさしかかったところで、警報音が鳴ったという。

しかし、遮断機が下りてきたにもかかわらず、女性はその場に立ち止まり、スマホを見ていた。

当時、踏切近くには数人がいたが、誰も女性に気付かず声をかけなかった。

 

女性はそのまま左側から来た電車にはねられ死亡した。

 

警視庁によると、女性はスマホに気をとられ、自分が踏切の外にいると思い込んだ可能性があるとみて調べている。