京都 ホテルで交際相手殺害 頭に複数のボーガンの矢

スポンサーリンク

京都 ホテルで交際相手を殺害か 頭に複数のボーガンの矢

 

2021年7月9日、京都市伏見区羽束師菱川町のホテルの室内で男性が殺害された。

殺害されたのは京都市東山区今熊野日吉町、自営業古川剛さん(37)。

 

10日、京都府警は殺人容疑で京都府大山崎町、アルバイト・佐藤千晴容疑者(31)を逮捕した。

 

佐藤容疑者の家族によると、2人はいずれも陶芸を仕事にしており、佐藤容疑者は古川さんの弟子だったという。

 

f:id:naotarobook:20210717114201j:plain

 

警察の調べによると、佐藤容疑者は9日午前10時前~午後5時判ごろ、ホテルで古川さんの背中を刃物のようなもので刺すなどして殺害した疑いがもたれている。

古川さんの体には、刺し傷や切り傷など複数の傷があり、頭には複数の矢が刺さっていた。

 

司法解剖の結果、死因は出血性ショックと肺に穴が開き呼吸困難となる気胸だったことがわかった。

佐藤容疑者も左腕に切り傷の軽傷を負った。

 

佐藤容疑者は、包丁で刺したことをホテルのフロントに自分で伝え、従業員が9日午後5時30分頃に110番通報した。

駆けつけた警察官が佐藤容疑者の身柄を確保。古川さんは室内に倒れており、病院搬送後に死亡が確認された。

 

佐藤容疑者は「殺してやるという思いでこのようなことをしました」と容疑を認めているという。

警察は、2人は交際関係にあったとみて犯行の動機や計画性についても調べている。

 

 【2021年7月31日追記】

京都地検は7月30日、殺人と銃刀法違反の罪で京都府大山崎町下植野寺門、陶芸家・佐藤千晴容疑者(31)を起訴した。

地検は認否を明らかにはしていない。