静岡女子大生ストーカー殺害事件 

スポンサーリンク

静岡女子大生ストーカー殺害事件 初公判・第2回公判

 

静岡県沼津市で2020年6月、大学生の山田未来(みらい)さん(当時19歳)を刃物で殺害したとして殺人罪やストーカー規制法違反などに問われた住所不定、無職 堀藍(あおい)被告(21)の裁判員裁判の初公判が5日、第2回公判が6日、静岡地裁沼津支部(菱田泰信裁判長)で開かれ、堀被告は起訴事実を全面的に認めた。

 

事件当時2人はともに三島市にある日本大学国際関係学部の2年生で、同じ国際教養学科に所属していた。

堀被告が大学の同級生だった山田さんに一方的に行為を寄せており、無料通信アプリLINEで複数回にわたり山田さんに交際、面会を求めるメッセージを送った。

 

f:id:naotarobook:20210717113631j:plain

 

山田さんが「他の人とラインした方がいい」と返しても、「好きな人とラインしている時が楽しいから無理」などと連絡を続け、やりとりを断ろうとする山田さんに対し、「後悔することになる。ラインのやりとりはやめないで」「無視してもいいことないよ」とメッセージを送り続けた。

 

山田さんは2020年6月にラインをブロックしたという。

 

山田さんには腹部8箇所、頸部2箇所を含む刺し傷や切り傷が49箇所あり、検察側は「致命傷となるけがが多数あり、救命措置が早くても死を免れない状況だった」と説明。

自宅で山田さんに見立てた段ボールを包丁で刺す練習をするなど、計画的な犯行であることも強調した。

 

堀被告は殺害した理由について「未来さんの幸せな将来と、悲観的な自分の将来を比較して許せないと感じた」と説明した。

 

被害者参加制度で出廷した山田さんの父親も被告人質問を行った。

「未来が、どうしていれば殺すことはなかったのか」との質問には、「ラインをブロックされなければ」と答えた。

 

公判は8日に結審し、13日に判決が言い渡される予定。

 

 

【2021年7月14日追記】

2021年7月13日、静岡地裁沼津支部は堀藍(あおい)被告に懲役20年の実刑判決を言い渡した。

判決は、被害者からLINEでの連絡を拒否されたことが動機だったと認定。

 

菱田泰信裁判長は、「被告が単独で計画的に刃物を用いて、落ち度のない女性を殺害したストーカー殺人である。犯行は執拗で残忍というほかなく殺意は極めて強固だ」

「あまりに理不尽な逆恨みや八つ当たりという他なく、動機として酌むべき点は全くない」と判決理由を示した。

 

一方で「被告はまだ若く、更生の余地がある」として、検察の無期懲役の求刑に対し懲役20年を言い渡した。