福岡市 冷蔵庫から高齢夫婦の遺体

スポンサーリンク

福岡市 冷蔵庫から高齢夫婦の遺体

先月29日、福岡市西区の住宅でこの家に住む高齢夫婦の遺体が見つかった。

亡くなっていたのは、この家に住む無職松本博和さん(88)と、妻の満喜枝さん(87)。

 

f:id:naotarobook:20210717120433j:plain


住宅は2階建てで、元酒店。遺体は1階の旧店舗内に置かれた透明ガラスケースの冷蔵庫から見つかった。

 

捜査関係者によると、28日昼頃に「住人の家族3人と連絡がとれない」と親族の男性が警察に連絡し、安否確認を依頼。

警察官が令状をもとに捜索したところ、翌29日に冷蔵庫から成人とみられる男女2人の遺体を発見した。

司法解剖の結果、21日頃に死亡したものとみられるが、死因は不詳だった。

 

冷蔵庫は外側からテープで目張りされ、電源は入っておらず、床には遺体を引きずった跡もあった。

 

近隣住人の話では、この家には高齢夫婦と息子2人が生活していたとみられ、息子の一人は入院中だったという。

福岡県警は死体遺棄事件と断定し、連絡が取れなくなっているもう1人の息子の行方を追っていたが、4日午前、京都市内のホテルから出てきたところを逮捕した。

 

逮捕されたのは、同居する次男で無職松本淳二容疑者(59)。

 

松本容疑者は23日夕方、自宅付近を自転車で外出する姿が目撃されていた。その後、在来線などで移動し、東北地方にも逃走していたとみられる。

 

松本容疑者は「冷蔵庫に入れて隠したことは間違いない」と供述しており、2人が死亡した経緯についても、「殺害に関与した」という趣旨の話をしているという。

 

【7月8日 追記】

警察の調べに対し、父親と母親の殺害についても認めた上で、「家庭内のことで父親に不満があって殺した。親の面倒を見るのがストレスだった」という趣旨の供述をしていることが新たにわかった。

 

または母親については、「父親を殺害しているところを見られたので母親も殺した」という趣旨の話をしていることから、警察は日常生活の中で両親への不満を募らせ殺害に至った疑いもあるとみて、具体的なトラブルがなかったかなど詳しく調べている。