天満カラオケパブごまちゃん 経営者殺害事件

スポンサーリンク

天満「カラオケパブごまちゃん」25歳経営者殺害事件

 

f:id:naotarobook:20210717114319j:plain

 

2021年6月14日、大阪市北区天神橋4丁目のカラオケパブで経営者の稲田真優子(まゆこ)さん(25)が殺害されているのが見つかった。

 

大阪府警は18日、兵庫県西宮市高須町の会社員・宮本浩志容疑者(56)を殺人容疑で逮捕した。

 

6月14日の10時40分過ぎ、「店のオーナーが血まみれで倒れている」と知人女性から110番通報があった。

警察や消防が駆けつけると、稲田さんが店の床の上に仰向けで倒れていて、その場で死亡が確認された。

発見当時、顔の上にはタオルのような布がかかっていたという。

店の入り口は施錠されていた。

司法解剖の結果、死因は失血死。

上半身を中心に十数カ所の傷があった。

 

稲田さんは11日夕方に出勤後、その日の夜以降連絡が取れなくなっていた。

府警によると、現場付近の防犯カメラの映像や交友関係がある関係者への聞き込みから宮本容疑者が浮上。

11日の午後9時~10時頃、稲田さんを刃物で殺害したとして逮捕された。

 

稲田さんは事件前、宮本容疑者について「しつこく言い寄ってくる客に困っている」と周囲に相談しており、宮本容疑者が一方的に好意を寄せてトラブルになったとみられている。

宮本容疑者は、稲田さんが別の店で働いていた4年ほど前からの常連客だった。

宮本容疑者は「店には行ったが、やっていない」などと容疑を否認。

 

稲田さんの体には刺し傷が十数カ所あったが、宮本容疑者は逃走時に返り血の付いた服を着ていなかったことから、着替えを事前に用意していた可能性があり、警察は計画的な犯行とみている。

 

店内には稲田さんのスマートフォンは残されていたが、凶器とみられる刃物やドアの鍵は見つかっていない。

 

 

【追記】

稲田真優子さん殺害事件で、大阪地検は7月9日、宮本浩志容疑者を殺人罪で大阪地裁に起訴した。

府警が宮本被告が事件当日に履いていたとされる革靴に付着していた血痕のDNA型を鑑定した結果、稲田さんのものと一致したことが明らかとなった。

ビルの防犯ビデオの映像から、約一時間にわたりビルの内部に潜み、稲田さんを襲う機会をうかがっていた疑いがあることも判明している。

 

府警の調べに対し、宮本容疑者は一貫して容疑を否認しているという。